15

20160510_1
タイミングチェーンカバーとクランクケースの間からオイルが滲んでいます。
こちらもついでに修理します。エンジン前部のカバーを外すと電装部品が並んでいます。
上から、ダイオードボード(整流器)オルターネーター(発電機)イグニッションセンサーです。

16

20160510_2
それぞれの部品を単体テストしながら分解していきます。特にダイオードボードは、熱や振動で壊れていることがあります。また、アース線が錆びて導通不良していることがあります。今回特に異状なし。

17

20160510_3
イグニッションセンサーのOリングが切れていたので交換。他すべてのガスケットやオイルシールなど、すべて交換します。

18

20160510_4
チェーンカバーを温めてから、慎重に手前に抜き出します。クランクシャフトからカムシャフトをチェーンで駆動するしくみです。ガスケットを交換し、元通り組み立てます。

19

20160510_5
オイルパンのガスケットも交換します。この紙製のガスケットは分厚いので、締め付けによって若干縮む傾向があります。縮むと最初に掛けた締め付けトルクが下がり、オイル漏れが発生します。また、漏れるからといって締めすぎると、ガスケットの繊維が切れて反発力が下がり、これもオイル漏れの原因になります。均等かつ定期的なトルク管理が必要です。

続きます