エンジン本体に続いてキャブレターの整備です。分解と清掃、消耗部品の交換と高精度の組み立てが基本作業となります。

20


ケーブルを曲げないように注意して、キャブレターを外します。
画像にはありませんが、キャブレター前後のインシュレーターゴムやフューエルボースも一緒に交換します。

21


ダイヤフラムはふやけてブヨブヨになっていました。

22


スチロール製のフロートはガソリンを吸い込んで変色しています。大抵浮力が弱っていること多いです。オーバーフローの原因のひとつ。

23


精密部品ばかりなので壊さないように注意しながら、完全に分解します。

24


内部もかなり汚れています。ひとつひとつの部品を洗浄しながらチェックしてゆきます。

25


小さな通路やネジ穴まで徹底的に掃除します。一番手間のかかる作業です。

26


新品の消耗部品を組み込みます。小さなネジ類を折らないように締めすぎに注意します。

27


交換したニードルジェット。他にフロート・フロートバルブ。ゴム部品やガスケット類はすべて交換します。
部品交換だけなら簡単ですが、すべてをあるべき場所に高精度に組み立てていくには経験値が必要な作業です。

続きます